未分類

【ストーカーアプリ】被害事例は?危険性まとめ!確認する方法も紹介!

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

最近、話題になっている【ストーカーアプリ】ですが、実際に見たことない聞いたことないという方のほうが多いのではないでしょうか。

yuu
yuu
日常生活でストーカーってワードが出て来んわ
king
king
確かにな

今回は【ストーカーアプリ】の危険性をまとめました。更にスマホに入ってるか確認する方法なども紹介しますので是非チェックしてみてください!

そもそもストーカーアプリって?

 

ストーカーアプリとは・・・

スマホのアプリの1つでインストールしたデバイスの置情報を跡したり、保存されている絡先や話記録、更にはッセージなどまで集したりしてトーカーに信するアプリです。

yuu
yuu
はー?何それ…

子どもの安全確認やスマホの位置情報を確認するためのアプリを装っていることが多いそうですが、実際にはスマホ利用者のプライバシーを侵害し、ストーカー行為などに悪用されているケースが殆どだそうです。

ストーカーアプリの被害事例

 

ある被害者は、画像メッセージに偽装したストーカーアプリで、Messenger上の会話を盗聴されていたそう。

 

スマートフォン遠隔ソフト「Androidアナライザー」開発した関係者4人が不正指令電磁的記録作成罪で逮捕されました。

「Androidアナライザー」はスマートフォンの個人情報やGPS情報を外部のパソコンから収集できる遠隔操作ソフトで、SMSやLINEのメッセージを取得したり、音声通話を盗聴したりする機能なども兼ね備えられています。開発者は「盗難、紛失対策アプリ」として公開していましたが、ソフトを購入して他人のスマートフォンを遠隔操作したユーザーが、不正指令電磁的記録供用罪に検挙されたことで、開発者の逮捕に至ったのだそうです。

ストーカーアプリの危険性まとめ・・・

 

遠隔操作

外部からスマホを遠隔操作できるものもあります。特にスマホの情報を不正に収集し外部へと送信させる機能はストーカーアプリの典型的な機能です。送信される情報はLINEメッセージやアドレス帳情報、通話ログ、SMS、音声、動画、画像、GPSの位置情報など様々です。

遠隔操作といってもターゲットに気付かれることがないように、バックグラウンドで密かに操作されることが殆どのようです。

情報漏洩

ストーカーアプリにより情報漏洩のリスクがグンっと上がります。このリスクはストーカーアプリを仕込まれたターゲットだけでなく、ストーカーアプリをインストールさせたストーカー行為者も対象となる可能性があります。

ターゲットのデバイスから漏洩した情報は、どこかのサーバーにアップロードされます。その情報をストーカー行為者は受信しますが、その情報はアプリ開発者にも知られてしまう可能性があります。

ストーカーアプリの開発者はアプリを開発する段階で、ストーカーアプリから送信された情報の全てにアクセスできるような機能を実装できます。例えばターゲットとターゲットにストーカーウェアを仕込んだストーカー行為者との情報のメッセージやファイルのやり取りなども筒抜けになります。つまりストーカーアプリを利用することで、ターゲットだけでなくストーカー行為をしている自身の情報も被害に遭う可能性があるのです。

デバイス保護機能の低下

ストーカーアプリはGoogle Playなどのポリシーに従っていないものが多く、公式のストアでは取り扱われていません。そのためAndroid端末ではサードパーティのアプリのインストール許可が必要となり、これがマルウェアとしてのストーカーアプリの侵入のきっかけとなります。

更にストーカーアプリはシステムの管理者権限を求めてくることもあります。もし管理者権限を与えてしまうと、ストーカーアプリに端末が完全にコントロールされてしまい、更に他の不正なアプリをインストールされてしまう可能性があります。このような状態になってしまうと、デバイスの保護機能は完全に低下してしまうのだそうです。

king
king
何も知らんでインストールする人の方が多いやろうから恐ろしいわな…

ストーカーアプリのセキュリティ対策

 

不審なメール・メールに添付されたURLを開かない!

ずっと絶えずに届く、よくある不審なメールやSNSなどのメッセージですが、その中に添付されている明らかに変なURLを開かないようにしましょう。そのURLがフィッシングサイトのURLであり、アクセスすることでストーカーアプリをダウンロードさせる可能性があるからです!気を付けてください。

セキュリティ対策のソフトの利用

デバイスに信用できるセキュリティ対策ソフトをインストールしましょう。ストーカーウェアは厳密にはマルウェアではありませんが、多くのセキュリティ対策ソフトはストーカーアプリを不正なソフトとして利用者へ警告する機能を持ちます。

Android版のオススメを紹介します。Androidでもアプリの機能が異なる場合がございますのでご了承ください。

セキュリティソフト名 ESET Mobile Security カスペルスキー インターネットセキュリティ for Android ノートン モバイルセキュリティ ウイルスバスターモバイル マカフィー モバイル セキュリティ アバスト モバイルセキュリティ スマートフォンセキュリティ ウイルスセキュリティ MOBILE
製品画像

不正サイトブロック



リモートロック/消去
端末場所の捜索
端末カメラで撮影
警告音
SIMカード保護 ※1


アプリのPWロック 別アプリ ※1
アプリのスキャン
パフォーマンス最適化
保護者向け機能 別アプリ 別アプリ 別アプリ
画像をクリックしたらダウンロード先に移動できます。

スマホのロックを忘れずに!

自分の知らない間にスマホが操作されないように、ロックしておきましょう。その際にはスマホに強固なパスワードを設定し、自分以外の誰にも教えないことが重要です。また、定期的にロックやパスワードを変更するのも一つです。

定期的にインストールしているアプリの確認をしておく

スマホにインストールしているアプリを定期的に確認し、不要なアプリは削除しましょう。メモリの容量が解放されるだけでなく、通信にかかる費用の節約にもなるので良いかと思われます♪

ストーカーアプリがスマホに入ってないか確認する方法

 

ストーカーアプリは相手に見つからないようにアイコンを隠したり表面上は画面は何も変わらず写真を撮ったり出来てしまいます。よって普通にスマホを操作しているだけでは監視アプリを発見することは困難なのです…。

①新しいアプリが増えてないか定期的にチェック

新しいアイコンが増えていないか、全てのアプリ一覧から見覚えのないアプリが入っていないかを確認しましょう。

ストーカーアプリでケルベロスというアプリが一番主要的に使われているそうなのですが、そのケルベロスというアプリがアイコン隠しの機能が付いているので、ご注意!

アイコン隠しの機能が備わっているためアプリ一覧から消えてしまいます。見つからない場合はスマホの設定→アプリ→すべてのアプリから確認してみてください。ケルベロスのようなアイコン隠しの状態にされてしまっても、この【すべてのアプリ】一覧からは確認ができます!

まとめ

今回は【ストーカーアプリ】の被害事例、危険性などをまとめました。実際に被害事例があること、公表されていないけど被害を受けた方も、それなりに いらっしゃるかと思います。ケルベロスなどのアプリはアイコン隠しなどの機能も備えられているので、是非とも自分のスマホも見覚えのないアプリが無いかチェックしてみてください。またロックやパスワードですが、複雑なもの、また定期的に変更するのもオススメしています。更にセキュリティソフトも大事ですが、FREE Wi-Fiの利用なども十分に気を付ける必要があります。勝手に遠隔操作され利用者が捜査している間にインカメラで撮影されていたという話もあります。とにかくスマホを扱う場合は十分に気を付けてください。

yuu
yuu
子どもにスマホ持たせてるけどホント怖いからね…。十分に言って聞かせてるつもりでは居るけど…。
king
king
今どきスマホを持つだけで危険が沢山だからな…。

今回はスマホアプリにありました(現在削除)ストーカーアプリの危険性など記述しました。セキュリティ対策、また見覚えのないアプリなどのチェックは何度も言いますが定期的にチェックしてスマホを利用してください。いつ自分の身に新たな危険が及ぶか解りません。十分に気を付けて利用してください。

本日の閲覧ありがとうございました♡