未分類

韓国文学の魅力をオススメする本10選!注目される理由を徹底調査!

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

今回、私が注目したのは【韓国文学】の魅力についてです。今、注目されている【韓国文学】ですが、何故ここまで注目されているのか、その理由について迫ってみました!

yuu
yuu
韓国文学って長女も勉強してるよね?
king
king
韓国語、書けるくらいだからスゴいけどね!翻訳本とか読んでるもんね。

今回ここで紹介するのは【韓国文学】の魅力をオススメする本があるので、その本を10選まとめました。更に、ここまで注目される理由を徹底調査!

韓国文学の魅力をオススメする本10選!

 

①ギリシャ語の時間

ギリシャ語の時間 (韓国文学のオクリモノ) [ ハン・ガン ]

価格:1,980円
(2019/11/10 11:00時点)
感想(0件)

ある日突然、言葉を話せなくなった女。少しずつ視力を失っていく男。女は失われた言葉を取り戻すため古典ギリシャ語を習い始めます。

ギリシャ語講師の男は彼女の“沈黙”に関心をよせていくのです。ふたりの出会いと対話を通じて、人間が失った本質とは何かを問いかけます。心ふるわす静かな衝撃。ブッカー国際賞受賞作家の長編小説。

こちらは日本でもよく知られた女性作家。個人の痛みを社会の傷と重ね合わせて描き、読者にも問いかけてきます。非常に濃いというか深いというかハッ!とさせる小説です。

②殺人者の記憶法

殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学シリーズ 17) [ キム・ヨンハ ]

価格:2,420円
(2019/11/10 11:08時点)
感想(1件)

田舎の獣医キム・ビョンスの裏の顔は、冷徹な殺人犯でした。現在は引退して古典や経典に親しみ詩を書きながら平穏な日々を送る彼には、認知症の兆候が現れ始めているのです。

そんな時、偶然出会った男が連続殺人犯だと直感し、次の狙いが愛娘のウニだと確信したビョンスは、混濁していく記憶力と格闘しながら人生最後の殺人を企てますー。虚と実のあわいをさまよう記憶に翻弄される人間を描いた長編ミステリー小説の傑作。

こちらは映画原作小説でもあり、認知症の元殺人鬼が書く日記というポップな設定に、人間にとって根源的な悪とは何かという息詰まるようなテーマを組み合わせるアイデアに瞠目です!こちらの本は結構、本屋さんに立ち寄れば目立ってみることがありますよ♪

③ピンポン

ピンポン (エクス・リブリス) [ パク・ミンギュ ]

価格:2,420円
(2019/11/10 11:20時点)
感想(0件)

原っぱのど真ん中に卓球台がありました。どういうわけか、あったのです。僕は毎日、中学校でいじめられています。あだ名は「釘」。いじめっ子の「チス」に殴られている様子は、まるで釘を打っているみたいに見えるから…。

スプーン曲げができる「モアイ」も一緒にいじめられている…。モアイと僕はほとんど話したことがありません。僕らは原っぱの卓球台で卓球をするようになります。空から、ハレー彗星ではなく、巨大なピンポン球が下降してきました。

それが原っぱに着床すると激震し、地球が巨大な卓球界になってしまうのです。そして、スキナー・ボックスで育成された「ネズミ」と「鳥」との試合の勝利者に、人類をインストールしたままにしておくのか、アンインストールするのか、選択権があるという…。

純文学とエンタメの垣根を取っ払った作風で高い人気を誇る著者。社会へのメッセージを奇想と過剰なリリシズムで描かれています。

④あの夏の修辞法

あの夏の修辞法 (韓国文学ショートショート きむ ふなセレクション 04) [ ハ・ソンナン ]

価格:1,320円
(2019/11/10 11:25時点)
感想(0件)

経済発展が進みゆく70年代初頭の韓国の情景と、貧しくも濃密だったあの頃の人間模様。

非情な現代都市に生きる人間の日常の裏面を、冷徹な観察者の目線で細密に描写するハ・ソンナンが、本格的な都市化へと向かう70年代初頭の韓国の姿を、自らの分身とも思える少女の目を通して描き出した作品。

こちら翻訳家キム・フナが今オススメする作家の深い余韻と新たな発見を感じさせる短編を
日本語と韓国語の2言語で紹介する新シリーズです。またこちらの作品はYouTubeで聴く事も可能でした!

人気アナウンサーによる韓国語の朗読です。是非ご視聴ください♪

⑤遠足

遠足 (韓国文学ショートショート きむ ふなセレクション 03) [ チョン・ソンテ ]

価格:1,320円
(2019/11/10 11:31時点)
感想(0件)

幸せそのものに映るある休日の風景。
何気ない日常のなかに密やかにひそむ家族の不安。

生意気盛りの息子とおしゃまな娘。海外出張に忙しい夫としっかり者の妻、そして妻の母。
一見満ち足りてみえつつ、日々のいらだちや明日への不安と静かに戦う日常。
何気ない日常の一片に眼差しをむけたホームドラマ。

こちらもYouTubeで視聴が可能な小説なので是非ご視聴ください♪

⑥夜よ、ひらけ

夜よ、ひらけ (韓国文学ショートショート きむ ふなセレクション 01) [ チョン・ミギョン ]

価格:1,320円
(2019/11/10 11:35時点)
感想(0件)

失敗を知らない孤高の天才が抱えた歪んだ欲望と不安、
やがて迫りくる人生の破局。

成功した映画監督の「僕」が、ノルウェーに住んでいる旧友Pを約十年ぶりに訪ねて行く三日間を通し、人間の歪んだ欲望と不安、突然迫ってくる人生の破局を描き出した、チョン・ミギョンの代表作。

こちらもYouTubeで視聴いただけます♪

⑦私は私のままで生きることにした

私は私のままで生きることにした [ キム・スヒョン ]

価格:1,430円
(2019/11/10 11:46時点)
感想(16件)

私たちはみんな、ヒーローになること、特別な何者かになることを夢見ていた。だけど今では、世界どころか自分を救うことに必死な大人になってしまった。中途半端な年齢、中途半端な経歴、中途半端な実力をもつ、中途半端な大人になった私たちは、誰もが大人のふりをしながら生きている。本書には、今を生きる普通の人へのいたわりと応援を詰め込んだ。何が正解なのかわからない世の中で、誰のまねもせず、誰もうらやまず、自分を認めて愛する方法を伝えたい。

人と比べて、何になる?
誰かと比べて生きるなんて、もうやめたらいいよ。

韓国の若者を中心に大反響!
世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、
忘れないでほしい70のこと。

自分からみじめになってはいけない
誰かの期待に応えようとしてはいけない
自分以外の何者かになろうとしない
自分が輝ける場所で生きていく
通りすがりの人に傷つけられてはいけない
すべての人に理解されようとしなくていい etc.

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

こちら韓国と日本の出版界をつなぐものとして、K-POPの存在も大きい。『82年生まれ〜』は今、若い世代に大人気のBTS(防弾少年団)のリーダーRMさんがライブ配信中にコメントしたことで、日本でも大きな話題を呼びました!

またBTSのメインボーカルを務めるジョングクさんの愛読書としてSNS で話題になり、韓国で60万部を突破しました。

大人だけでなく子どもも読みやすい本、そして入りやすい本となっています!

⑧ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集

ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集 [ チョ・ナムジュ他 ]

価格:1,980円
(2019/11/10 11:55時点)
感想(0件)

「ヒョンナムオッパへ」の主人公は、ヒョンナムに恋をし、精神的に支配されながら、それが暴力であるということにも気づいていない。あとからそれに気づくという小説を書きたかった。

嫁だからという理由で、妻だからという理由で、母だからという理由で、娘だからという理由で受けてよい苦痛はない。ただ女だからという理由だけで苦しめられてよい理由などない。
流さなくていい涙を流さなくてすむ世の中を夢見ている。

女性たちの反撃は日本でも共感されるのかということでも注目されました。チョさんが来日した際には、主人公はヒョンナムに恋をし、精神的に支配されながら、それが暴力であるということにも気づいていない。あとからそれに気づくという小説を書きたかった」と話していました。

⑨82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本) [ チョ・ナムジュ ]

価格:1,650円
(2019/11/10 12:03時点)
感想(5件)

ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかの様子のキム・ジヨン。
誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児……キム・ジヨン(韓国における82年生まれに最も多い名前)の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。

こちらの作品は女性なら誰しもが経験したことが全て余すことなく、理不尽さや悔しさと共に綴られています。またキム・ジヨンの作品はリアリティある小説なので入りやすい作品が多くあるのでオススメです!

⑩韓国文学はどこから来たのか

【中古】 韓国文学はどこから来たのか / 李 在銑, 丁 貴連, 筒井 真樹子 / 白帝社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:1,190円
(2019/11/10 12:07時点)
感想(0件)

韓国文学とはいったい何なのか。韓国文化・韓国人の精神世界はどのようにして形作られたのか。◇韓国の神話・伝説・歴史書・古典小説・時調から現代小説・現代詩にいたるまで、多くの作品を引用しながら韓国文学のルーツをたどる。民俗学的視点もあり、文学論であると同時に韓国人論。大韓民国文学賞受賞。

韓国文学の形成される過程を、韓国の神話・伝説・歴史書・古典小説・時調から、現代小説・現代史までを読むことで、そのルーツを辿る著書。アジア文化圏である為、日本文学と重なる部分も多いということから色々と考えさせられる本の一つだと思います。

上記を紹介することで私も気になる本を幾つか見付けたので早速、購入し読んでみようと思います。まず『私は私のままで生きることにした』などは子どもも一緒に読めるかなと思い、早速 注文してみました。楽しみです♪

韓国文学が注目される理由を徹底調査!

 

近年、日韓関係が一段と冷え込む一方で、日本で韓国文学が盛り上がっているのを不思議と思った方も居ると思います。2018年12月に発売されたチョ・ナムジュ氏の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、13万部のベストセラーとなりました。日韓の作品や翻訳者の対談を載せた特集「韓国・フェミニズム・日本」を組んだ『文藝』秋号は、86年ぶり2度目の緊急増刷を行い、3刷で1万4000部のヒットを記録し、秋に単行本化が予定されているようです。

そこで何故このような状況でも日本で韓国文学が注目されるのかを調査しました。

韓国の文学書を続々刊行

理由の一つとしては出版点数が増えたことだと言われております。今回オススメ10選にも入っている『CUON韓国文学の名作』はドコに行っても見ますよね。本屋さんに立ち寄れば、だいたい目立つとこに置いてあるかと思います。

新作が次々と刊行された結果、書店で目につきやすくなり、韓国文学が手に取られているという状況が出来上がっているのです!

そこへ現れたのが、韓国で100万部を超える大ヒットで社会現象にもなり、政治も動いた『82年生まれ、キム・ジヨン』といいます。同書は日本でも発売1ヶ月で発行部数が5万を超えるという異例の好スタートを切り、未だに売れ続けています。これを読んだ人が韓国文学にハマるという流れが生まれているということが最近では、よく解りますね。

まず82年生まれの○○など韓国で何が起きたかは私も知りませんでした。1982年に生まれた平凡な女性、キム・ジヨンの半生をひもとき、彼女が家庭や学校、社会で受けてきたさまざまな女性差別を伝える、ルポのような文体の小説です。主人公に自分を投影させ、共感した女性読者は日韓共に多いようです。

日本でも共通した問題で共感

世界経済フォーラムが毎年発表しているジェンダーギャップ指数で韓国は2018年、149カ国中115位だそうで、また少子化も深刻と、2018年には女性が生涯に産む子どもの数、合計特殊出生率が0.98と1.0を割り込んでいるそうです。

背景には若者の経済不安と未婚率の高さがある。そういう社会の実情も『82年生まれ、キム・ジヨン』や『娘について』などに、はっきりと描かれています。

日本も韓国ほどではないにせよ、女性の社会的地位が低く少子化や非婚化問題は深刻だと言われています。ジェンダーギャップ指数は110位と韓国とほとんど変わらず、2018年の合計特殊出生率は1.42。2007年から人口減少社会に転じていて超高齢社会であることは、よく聞く話し。抱えている問題の共通性が、共感を呼ぶというのも、ほんの身近なことなので理解せざるを得ないとも言えるでしょう。

K-POPや韓流ドラマ

韓国の人口を、ご存知でしょうか。日本の現在の人口は約1億2600万人台と言われていますが、それに対して韓国は5182万人と日本の半分以下というのが解ります。ですが、これでも日本は既に減少しているのです。

そもそものマーケットが小さい国で、K-POPと同じように、文学も輸出を前提とせざるをえないのではないかという考えが出て来るでしょう。

留学で来た日本でそのまま就職するなど、就職が困難な国内に見切りをつけ、海外へ出ていく若者も多いというのは最近ニュースでもありました。

国内で充足することが可能な日本より、外国を身近に感じざるをえない環境なのです。

そして韓国文学には韓流ドラマやK-POPが発端できているのでは?と考えられます。冬ソナ、ヨン様、懐かしいですよね。パチンコ台にもなりました。多くの韓流ドラマファンの方が座って居られましたね!

そして今も大人気なK-POP!この人気は止むことなく続いています。これは日本だけでなく韓国にも色々なところで共感や共有があるのです。

日本での韓国の翻訳本が増えている背景について、抱えている社会問題が日本と似ている、日本人が共感しやすいという点。更に、韓国国内で、SFやミステリーなどエンターテイメント系の作品が急増している点もあります。

そして驚くことに実は韓国国内では日本の翻訳本が大人気で、特に村上春樹さん、東野圭吾さんの人気はスゴいんだとか!私も2人の作品は、ものスゴく好きで特に東野圭吾さんの作品は読み尽くしています。

この2人は今の韓国の小説家にもかなりの影響を与えていて、その辺も日本人好みの作品が多くなっている要因かも?なんてことも!

因みに小説だけではございません♪韓国では絵本が人気で、韓国の人気絵本もたくさん、日本上陸を果たしており、最近では日本で大ヒットした、ペク・ヒナの「天女銭湯」などがございます。

天女銭湯 [ ペク・ヒナ ]

価格:1,540円
(2019/11/10 12:52時点)
感想(2件)

まず絵のインパクト大のこちら、 手作りの粘土人形を使った写真絵本ですが、韓国国内では、ここ数年 人形や布や押し花などを使ってキャラクターを表現した“コラージュ絵本”が人気なんだとか!

韓国の銭湯とのことですが、懐かしさや独特の人情味あふれる温もりがあり、銭湯を知る大人には、なんともいえない魅力を感じますが、今どきの子どもたちは どのような反応なのでしょう?気になるところですねw

まとめ

今回【韓国文学】の魅力をオススメする本を10選と何故ここまで【韓国文学】が注目されているかを徹底調査しました。韓流ドラマやK-POPが大流行したことがきっかけで韓国文学が注目されているのは幼い頃から洋画や洋楽を聴いて英語を勉強してみたい!と思うのと同じなんだろうなと私は思いました。

yuu
yuu
長女も好きなアーティストはTWICEだから韓国語とか韓国文学を知りたいと思ったんだろうしね。
king
king
ウチ等は洋画・洋楽=英語だっただけで何ら変わりないよね!

韓国文学が注目されている今、日本人である私たちも【韓国文学】を読んでみませんか?私も娘と一緒に読んでみようと早速、購入してみました。是非この機会に気になる【韓国文学】を手にしてみてはいかがでしょうか♪

本日の閲覧ありがとうございました♡