未分類

ディズニーの名前が付く症候群それぞれ紹介!意味や由来は?徹底調査!

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

今回、娘と話していて気になった事があります。○○症候群というのが結構あるんですね!しかもディズニーの名前が付いて…。いつから始まった言葉なのでしょう。

yuu
yuu
しかも読んでて怖い内容あるわー。
king
king
えーマジで?気になる!

今回は○○症候群のディズニーの名前が付いたものを全て紹介します。また意味や由来なども徹底調査!

ディズニーの名前が付く症候群を紹介!

 

 【シンデレラ】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

Qposket_thさん(@qposket_th)がシェアした投稿

シンデレラ症候群とは男性に高い理想を追い求め続ける、女性の潜在意識にある【依存的願望】を指摘したシンドロームの名称。

由来は童話『シンデレラ』のように、女は今日もなお外から来る何かが自分の人生を変えてくれるのを待ち続けている、としてこう名付けられました。

独立と依存の二重性を持つことが明らかとなっています。無意識の依存欲求は、裕福な家庭で育てられた女性や高学歴の女性に多く見られるとされています。有能で仕事ができ、社会的に自立している反面、他人に依存したいという潜在的な欲求が強いのだそうです。

【白雪姫】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

Qposket_thさん(@qposket_th)がシェアした投稿

白雪姫症候群とは子どもの時に虐待された母親が、今度は自分の娘に対して虐待をしてしまう【被虐待児症候群】、およびそれに連なる一連の症候のことだそうです。

由来は精神分析学者の佐藤紀子さんが命名したのだそうです。母親の娘に対する憎悪を意味する概念でもありますが、混同しやすいために白雪姫の母コンプレックスと区別することもあります。

白雪姫症候群は1990年代に出現した用語ですが、白雪姫の母コンプレックスの方は、1980年代半ばでも使用が確認されているそうです。

【アナ雪】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

1000hiroさん(@d9000eos)がシェアした投稿

アナ雪症候群とは仕事も家事も育児も、全てを【完璧にこなそうと頑張る女性】ストレスを溜めて、疲れ果ててしまい種々の症状を表すようになることです。最近よく聞くワンオペ育児の人は、ほぼアナ雪症候群って事でしょうね。

由来は主人公のエルサがイイ子、自分の本当の姿をずっと隠して生きていると言う設定から、そうなったものと考えられます。

【眠れる森の美女】症候群(クライン・レビン症候群)

この投稿をInstagramで見る

 

Qposket_thさん(@qposket_th)がシェアした投稿

眠れる森の美女症候群(クライン・レビン症候群)とは数日から数週間にわたり連続した睡眠状態となる【睡眠障害の一つ】です。クライン・レビンまたはクライネ・レヴィン症候群は【周期性傾眠症】と訳されることもあります。この疾患は難病指定もされています。因みに眠れる森の美女症候群は正式な病名ではなくクライン・レビン症候群が一般的に使われている病名です。

由来は呪いにかけられたお姫様(オーロラ姫)が長い眠りにつき、王子様のキスによって目覚めて結ばれるという物語(ディズニー・眠れる森の美女)からです。

【ラプンツェル】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

@cham73311がシェアした投稿

ラプンツェル症候群とは自分の毛髪を抜かずにはいられない【抜毛症】で更に抜いた毛を食べ続けてしまう【食毛症】に関連した極めてまれな病態で、食べた髪の毛が塊となって胃腸に残留することを特徴とするようです。ラプンツェル症候群は名前こそ可愛いものの、最悪【死に至る】ケースもあり、とても恐ろしいものでもあります。因みに若い女の子(10代)に多いようです。

由来は18年間、魔女によって城に幽閉されていた美しい長い髪を持つ少女の物語で、【塔の上のラプンツェル】といったディズニー作品映画からです。

【不思議の国のアリス】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

Qposket_thさん(@qposket_th)がシェアした投稿

不思議の国のアリス症候群とは【知覚された外界のものの大きさや自分の体の大きさが通常とは異なって感じられる】ことを主症状とし、様々な主観的なイメージの変容を引き起こす症候群だそうです。

子どもが自分の母親が自分より小さくなったように感じたり、蚊が数十cmもあるように見えたりするそうです。 自分の身体は逆にそれぞれ大きく、または小さくなったように思うこともあるんだとか。

外界が小さく感じられるものを小視症、大きく感じられるものを大視症、ひずんで感じられるものを変視症と呼ぶ場合もありますが、これらの呼称は眼底疾患など視覚そのもの障害による症状においても用いられています。

由来はルイス・キャロルの児童文学【不思議の国のアリス】で薬を飲んだアリスが大きくなったり小さくなったりするエピソードに因んで、1955年にイギリスの精神科医トッド(英語: John Todd)により名付けられました。

【ピーターパン】症候群

この投稿をInstagramで見る

 

Qposket_thさん(@qposket_th)がシェアした投稿

ピーターパン症候群とは【パーソナリティ障害】です。大人という年齢に達しているにもかかわらず精神的に大人にならない男性を指す言葉。心理学者ダン・カイリーは著書【ピーターパン症候群】の中で、ピーターパン症候群を「成長する事を拒む男性」として定義しています。

由来は【ピーターパン】に登場する主人公ピーターパンが人間的に未熟でナルシシズムに走る傾向を持っており、『自己中心的』・『無責任』・『反抗的』・『依存的』・『怒り易い』・『ズル賢い』というまさに子ども同等の水準に意識が停滞してしまうという大人を指すことから。

まとめ

今回はディズニーの名前が付く【症候群】について徹底調査しました。ピーターパン症候群は結構、聞いて来た名称でしたが、【ラプンツェル症候群】は名前は可愛いですが、症状が怖かったですね…。

yuu
yuu
抜毛症?はウチ小さい時あったわ…。あやうくハゲかけるとこやったw
king
king
食毛症じゃなくて良かったね!

一種のチック症なのかとも考えましたが、何だか深ーい病でしたね。ディズニーの名前が付いてるから♪と思ってましたが、なかなか闇だらけです。もしかしたら?と感じた方、そう多くは居ないでしょうが、精神的にキツくなった時は早めに病院で受診することですので、お気を付けて。

本日の閲覧ありがとうございました♡