未分類

軽減税率ズル賢く利用する人が増える?テイクアウトを店内で食べるのは脱税?

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

今回、私が注目したのは2019年10月1日から始まった【軽減税率】についての線引です。

yuu
yuu
これ本気で難しいよね…。
king
king
ズル賢く?利用する人とか増えそうやしな…。

今回は2019年10月1日から始まった【軽減税率】でズル賢く利用する人が増えるのではないか?という問いの答えやテイクアウトといって店内で食べる(利用する)のは実際どうなのかを調査しました。

軽減税率でズル賢く利用する人が増えるのでは?

 

2019年10月1日に消費税が10%に引き上げられましたが、今回 初めて導入される「軽減税率」は、特定の商品の税率を8%に据え置くというかたちになります。

対象は「飲食料品」と「週2回以上発行の新聞」とありますが、その線引きは複雑極まりないのです。

正確に理解することで損を避けたいというのが私たちが望むこと。その複雑極まりない事例を後ほど紹介します。

テイクアウトといって店内で食べる(利用する)のはどうなの?という、これまた複雑な部分ではありますが、実際はどうなのでしょう。

 

こんな意見も!

かなり難しい線引ですよね…。

軽減税率が複雑化した最大の要因は、同じ飲食料品でも、税率を「外食(10%)」と「持ち帰り(8%)」で区別したこと。コンビニで食品を買った際、イートイン(外食)かテイクアウト(持ち帰り)かをどう判別するのか?

誰もが利用できるコンビニで例えばファストフードを購入し店員は、わざわざ『店内で お召し上がりですか?』なんて聞かないでしょうし難しいところなのです。

そこで【ミニストップ】はこう判断するそう。

テイクアウトといって店内を利用するとどうなる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruca.さん(@haruca_pic)がシェアした投稿

お客様の申告による

「コンビニなので持ち帰りが前提ですが、『店内でお召し上がりの方はお知らせください』との掲示物を張り出す予定です。お客様から申告があれば10%を適用しますが、どこまで徹底できるか不明です」(広報部)

そら不明ですよね…。基本は持ち帰るだろうし店内でといって混み合ったコンビニだと、そそくさと店内を出るだろうし…。

例えばQ『持ち帰る』といって店内で食べるとしたらどうなるのかについては、こう説明されていました。

お客様が申告せず8%で会計した後に店内で飲食されても、当方から注意することはありません」といいますが、嘘をつく客がいた場合、各社は対応に苦慮することになりそうです。との事でした。

更にQ店内で食べるつもりだったが、会計後に空いている席がなかったら?という質問には。

Qファストフード店やコーヒー店などで10%の消費税を払ったものの、混雑していて席が見つからない。やむなく持ち帰りにする場合、差額はどうなるのか。

現在協議中でどうなるか全く決まっていません」(日本マクドナルド広報)などと各社が頭を悩ませる中、コーヒーチェーン大手のスターバックスはこう明言。

席に空きがなく持ち帰りに変更する場合、商品が手つかずでレシートがあれば会計をやり直して、2%分を返金します」(広報部)

との事でした。今後どうなっていくのか…。貼り紙だけでは どうにもならない気すらしてきましたね。ズル賢く利用する人が増えるのかと問われれば増えるでしょうねと言いたいところですが、それは個々のモラルの問題かなと思います。

そもそも軽減税率って?

 

【軽減税率】とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルールです。

例えばスーパーマーケットの場合、消費税率8%のままの商品と10%の商品が並ぶことになります。

そのため軽減税率は複数税率とも呼ばれるのです。

軽減税率の導入は、「低所得者へ経済的な配慮をする」という目的のもとで進められています。具体的には、所得に関係なく一律の割合で納める必要のある消費税について、生活する上で必須となる食料品などの税率を低くするというものです。

しかし、実際に低所得者対策として有効なのかという点においては一部懐疑的な意見もあり、議論の対象となっているのも事実です。

それこそ私は低所得者です!なんて嘘でも本当でも言えまえんよねw

軽減税率ズルしたら脱税になる?

 

脱税かと言われたら、また違って来るんでしょうけど、結局は先程ほども言った人間性のモラルの問題になるんですよね。コンビニで購入したものでさえ、難しいものなら徹底するしかないですね。イートインで食べるって言うのであれば先に席に座らせて後で温めてある お弁当やファストフードを店員が持って行くとか、座席番号を渡しておくとかですかね。

店側と消費者側に弊害がないようにするには座席番号の割り振りが無難かもですね。空席管理も出来るし、設備投資も少ない、マナー違反が居ても注意はしやすいってとこで個人的な考えを記載してみました。貼り紙だけではルールを守れる人が少なそうな気がします。

店舗によって座席数が多かったり少なかったりしますがね…。

気になる!これは軽減税率の対象?

 

学校や施設の給食費は?

私個人もですが、お子さまがいらっしゃる ご家庭も気になることですよね。学校や老人ホームなど介護関連施設で出される【給食】は、軽減税率の対象なのか?という問いに答えますが、【給食】は軽減税率の対象となり消費税率は8%据え置きです。

対象となる学校給食は、全児童・生徒に対して提供されるものであり、学生食堂のように利用が児童・生徒の選択制の場合は軽減税率の対象外となります。老人ホームなどの場合は、一定の入居者に対して行われる食事の提供で、食事代が1食あたり640円以下、1日の合計が1,920円までであれば軽減税率の対象となるようです。

私の子の通う学校では給食費は2019年10月からの値上げは無くなりましたが、2020年4月から上がってしまいます。4,700円弱。400~500円は上がるみたいですね。

まとめ

今回は【軽減税率】の線引について調査しました。実際コンビニなどは難しいところがイッパイですね。貼り紙では どうにもならないような気がします。ホントに これらは個々のモラルの問題になって来るんだろうなと感じました。

yuu
yuu
難しいけど人としてな部分で考えるとチャント ルールは守ってもらいたいよね。
king
king
結果ズル賢くやる人が減れば(居なければ)イイんだけどね!

というわけで、軽減税率の導入が始まり様々な混乱も防ぎたいところですが、今の所まだ探り状態です。軽減税率は対象品目の線引きが非常に難しく、誰もが正しく理解するには時間がかかるものと思われます。今後も新しい情報を敏感に察知し理解するようにしましょう。お店によるルールは、それぞれ守りましょう。

本日の閲覧ありがとうございました♡