未分類

意外と知らない以下と未満の違い!意味の違いと覚え方!徹底解説!

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

今回は意外と知らない『以下と未満の違い』について調査しました。役所など書類にもありますよね。3歳未満児なら〇みたいな…。未満ってどっちだっけ?ってなることありませんか?その凡ミスを無くすために簡単に覚える方法を教えちゃいます♪

yuu
yuu
毎回ウチも解らんくなって混乱だわ(笑)
king
king
簡単に覚えられる方法あるよ!

以下と未満の違い

 

以下の「以」の意味

『以下』という言葉に使われている『以』という漢字には『以って(もって)』という訓読みがあります。

これを覚えておけば『以』の付く言葉の意味はすべて理解することができます!

つまり、小学生『以下』ということは、小学生も『含めて』年齢が小さい人が対象であることを意味するわけなのです!

他にも『以』の文字が付いている言葉として、「以上」「以前」「以降」「以外」「以内」などがありますが、すべて前に付く対象を含めてどうするのかを表している言葉となります。

未満の「未」の意味

『未満』という言葉に使われている『未』という漢字には未だ満たないという否定の意味があります。

つまり、小学生『未満』ということは、小学生は『含めない』ということになり、小学生は対象外で小学生になっていない年齢が対象でることを意味するわけです!

他にも『未』の文字が付いている言葉として、「未知」「未完」「未成年」「未明」「未納」などがありますが、すべて後ろに付く言葉を否定した表現となっています。

以下と未満は対象を含むか含まないか

 

・小学生以下…小学生を含む
・小学生未満…小学生を含まない
『以』と『未』の漢字の意味をおさえておけば、今後間違えることはなさそうですね!

 

 

 

 

結果・・・違いは?

 

『以下』と『未満』はここが違う!

『以下』と『未満』の違いは、先に『未満』を理解すると少しだけ解りやすくなります。

『未満』とはその文字が示す通り「未だ満たしていない」こと。100未満なら、100に未だ満たしていないので99より小さい数。一方で100以下なら100よりも小さい数です。

この『以下』と『未満』の違いの原則をざっくり理解した上で、次の一覧にまとめた具体例をながめて二つの言葉を理解してください。

基準 以下 未満
10,000円 10,000円以下
10,000円、9,999円、9,998円、9,997円、9,996円 ・・・
10,000円未満
9,999円、9,998円、9,997円、9,996円 ・・・
20歳 20歳以下
20歳、19歳、18歳、17歳、16歳 ・・・
20歳未満
19歳、18歳、17歳、16歳 ・・・
中学生 中学生以下
中学生、小学生、幼稚園生、乳幼児 ・・・
中学生未満
小学生、幼稚園生、乳幼児 ・・・

上記の3つの例で一目瞭然のように、基準を含むのが『以下』、基準を含まないのが『未満』です。

簡単な覚え方は?

 

 

・以上と以下は、規準の数量・程度を含みます。
・未満と超過(超える)は、規準の数量・程度を含みません。
・以は「入れる」の「」と覚え、その数字が入ると覚え、未満と超えるは逆で入らない
と覚えるとシンプルで忘れにくい!

これで攻略ですね。

たさない『未満』

ってがる『以下』逆は ってがる『以上』

これ解りやすいでしょ!

yuu
yuu
これウチでも解るわ!何か得した気分(笑)
king
king
覚えやすいだろ☆

 

今回は『以下』と『未満』の違いと覚え方を徹底解説しました。

私も個人的に書類でよく見る『以下』や『未満』に混乱する事があったので今回は勉強しちゃいました♡

これで今度から間違えることはないです!メチャクチャ覚えやすかったですね☆

今後も『あれ?』と思うものを徹底解説していこうと思います。

本日の閲覧ありがとうございました♡