アニメ・バラエティ

ピアノの森あらすじ一ノ瀬海秘密の演奏者とは?音の出演者を紹介!

こんにちは☆ゆうきんぐの優生です!

今回、私が紹介したいのはNHKアニメである「ピアノの森全24話の構成で、NHK総合にて第1話~第12話を第1シリーズとして2018年4月から放送。更に続編となる第2シリーズが1月27日(日)より放送となり2019年4月15日に放送が終了しました。

yuu
yuu
話、聞いてるだけでワクワクするよ!
king
king
これは子どもたちにも観せたいアニメだね!

今回は「ピアノの森」あらすじ、そして噂となる一ノ瀬海、秘密の演奏者とは一体誰なのか予想しました!更に音の演出者を紹介します♪

ピアノの森の基本情報

放送日

NHK総合テレビにて
第1期:2018年4/8(日)24:10~放送終了
第2期:2019年1/27(日)24:10~放送終了

スタッフ

原作:一色まこと
監督:中谷学
シリーズディレクター:鈴木龍太郎
シリーズ構成:伊丹あき・あべ美佳
キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江
美術監督:栫ヒロツグ
色彩設計:吉村智恵
撮影監督:臼田睦
編集:三嶋章紀
音響監督:長崎行男
音楽:富貴晴美
アニメーション制作:ガイナックススタジオ
制作:ピアノの森アニメパートナーズ

原作概要

作者:一色まこと
ジャンル:青年漫画
出版社:講談社
掲載誌:モーニング

ピアノの森のあらすじ

 

森に捨てられたピアノをおもちゃにしてきた一ノ瀬海。ある日、海のクラスに転校生がやってきます。転校生は父親が有名ピアニストであり、本人もピアニストを目指している雨宮修平でした。

修平は、森の音が出ないピアノを弾きこなす様子を見て、海のピアノの才能に気づきます

そして、音楽教師の阿字野壮介もまた、あのピアノを弾いたことを修平から聴いて驚きます。彼はもともと天才ピアニストと騒がれた人物であり、あのピアノを捨てたのも彼だったからです。

海の才能を知ったふたり。そして…

修平は海をライバルだと思うようになります。壮介はピアニストとして海を育てたいと思います

ショパン・コンクールを目指して、仲間たちと切磋琢磨しながらピアノとともに成長していく癒し系感動ストーリーです。

ピアノの森の登場人物とキャスト

 

主要人物

一ノ瀬海(いちのせ・かい)CV:斉藤壮馬

本作の主人公。通称・カイ。天才的なピアノの才能を持つ少年。母親似の非常に美しい顔立ちをしていて、幼いころからよく女性に間違えられています。

阿字野壮介(あじの・そうすけ)CV:諏訪部順一

カイの師。現役時代は日本国内の音楽コンクールで賞を総なめにし、ショパンコンクールでは予選敗退したものの名ピアニストで指揮者でもあるジャンの支持を受ける等輝かしい経歴を誇っていましたが、交通事故によって婚約者と左手の自由を失い、失意と諦観の中、カイと雨宮の通う森脇小学校の音楽教師をしていました。

雨宮修平(あまみや・しゅうへい)CV:花江夏樹

カイの親友。彼自身はカイを親友と同時にライバルとしてもみており、そのためにカイを過剰に意識してしまうところがありますが、当のカイからは結果的に相手にされず、そのことがまた雨宮を苛立たせることとなっています。

ショパン・コンクール篇

龐 威(パン・ウェイ)CV:中村悠一

ショパン・コンクール参加者。日本人嫌いとして知られる中国人のピアニスト。父親の解らぬ子を身ごもった母親が火を放たれた小屋の中で自分の命と引き換えに彼を出産しました。孤児となった保育園時代にピアノの才能が開花し、富豪のパン・ハオの養子となるも、ハオからはピアノの才能をより開花させるために常軌を逸した英才教育と虐待を受け続けました。

レフ・シマノフスキ CV:KENN

ショパンコンクールの参加者。ポーランド人のピアニスト。祖父はかつて偉大なピアニストだったディミトリ・シマノフスキ。ひとつ上の姉のエミリア・シマノフスカもピアニストでしたが数年前にレッスンをサボった自分の代わりに祖父のレッスンを受けに行く際に事故で寝たきりになっており、その過去を引きずっていました。

その他

カロル・アダムスキ CV:小西克幸
一ノ瀬玲子(いちのせ・れいこ)CV:坂本真綾
亜理沙(ありさ)CV:広橋涼
J=J・セロー(ジャン・ジャック・セロー)CV:島田敏
雨宮洋一郎(あまみや・よういちろう)CV:田中秀幸
雨宮奈美恵(あまみや・なみえ)CV:三宅麻理恵
平田先生(ひらたせんせい)CV:豊永利行
佐賀武士(さが・たけし)CV:遊佐浩二
司馬高太郎(しば・こうたろう)CV:家中宏
一ノ瀬海(小学生):白石涼子
雨宮修平(小学生):大地葉
金平大学(キンピラ):くまいもとこ

一ノ瀬 海(カイ)の秘密の演奏者とは?!予想含む

 

秘密の演奏者=牛田智大説!

 

View this post on Instagram

幸せすぎます💕 今夜は多分、眠れません❗️ #牛田智大#TomoharuUshida#山野楽器

久斗ひろみさん(@hiromi.hisato)がシェアした投稿 –

牛田智大くんは1999年10月16日、福島県いわき市にて生まれました。育ちは愛知県名古屋市です。

生後間もなく父親の転勤により、家族と共に上海に転居します。 小学校入学時に帰国のため愛知県名古屋市に転居し、名古屋市立笹島小学校を卒業しました。

1歳の頃から電子ピアノをおもちゃ代わりのように遊んでいましたが3歳の時に郎朗やユンディ・リの演奏を収録したDVDを鑑賞して夢中になり、本格的にピアノを始めます

幼稚園の時に父親からピアニストになる目標に対して一度は反対されましたが「自分の人生なので、自分で決めさせて欲しい。」と父親を説得しました。

2012年3月、日本人クラシックピアニストとしては史上最年少の12歳でユニバーサルクラシックスより、デビューアルバム「愛の夢」を発表し人気を得ます。

同年7月、東京オペラシティにおいてデビューリサイタルを行います。以後、日本各地で精力的にコンサートを行っています。当初リサイタルではプーランクの曲と中国の作曲家、汪立三の曲を気に入り必ず演奏していました。

2013年9月からはショパンとリストの作品を中心にリサイタルを行います。2014年、自身初となる海外アーティスト(シュテファン・ウラダー指揮、ウィーン・カンマー・オーケストラ)と共演。

2015年にはミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団と、2018年にはヤツェク・カスプシク指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 との日本公演を行います。

また作曲も行い、2012年秋に国立新美術館で開催された「リヒテンシュタイン展」のテーマ曲を担当しました。

なぜ彼が今まで浮かばなかったのか不思議なくらい。
浜松国際ピアノコンクールにエントリーしていることにも気付いていたのに…。

ただでさえ注目を浴びている彼。当時のコンクール前という時期に話題になるのはマイナス効果と考えて、名前を伏せることを条件とした、なんていう可能性まで考えられてしまいますよね。

12歳でデビューしているので、プロとしての演奏収録にも慣れているでしょう。
年齢的にもそして外見的にも、そして演奏の質としても、カイの条件に合致します。
そして話題性もたっぷり!これは、可能性高いかもしれませんよね。

秘密の演奏者=反田恭平説!

 

期間限定の収録動画を見て、あーこれは反田くんの手だ!と思った方も多く居られたようです。巷では、もうだいぶ前からこれが定説になっていたのでしょうか?さすがの皆様でございます!

ソフィアのピアニストであるジュリエットは、彼女のfacebookで、ワルシャワでの最終段階のレコーディングの後、3人のワールドクラスのピアニストと一緒にプロジェクトに参加できて嬉しいと言っていたそうです

天宮は最終段階には至らず、阿字野はただのカイの先生であることは既に解っています。しかし反田さんは最終日の記録日の間にワルシャワの国立フィルハーモニー管弦楽団で写真を共有し、(彼はワルシャワに住んでいます。)反田さんがカイの背後にいるピアニストであることは、とても共鳴できるようです

阿字野担当の反田さんが、その収録と同時期に、ワルシャワのナショナル・フィルハーモニックの画像をアップしているとのこと!それは納得ですよね。
それなら、確かに反田さんが「3人目」のピアニストの可能性は高そうですね!

秘密の演奏者=辻井伸行説!

 

辻井さんは1988年9月13日、東京都豊島区出身。産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれます。出生時から眼球が成長しない「小眼球症」と呼ばれる原因不明の障害を負っていました。

筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)卒業。

1995年(平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール(現:ヘレン・ケラー記念音楽コンクール)器楽部門ピアノの部第1位受賞。

10歳となった1998年(平成10年)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し、鮮烈なデビューを飾りました。

2005年(平成17年)6月、レオシュ・スワロフスキー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めました。
10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞。

2009年(平成21年)6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝です。
7月、台東区民栄誉章、および文化庁長官表彰(国際芸術部門)を受賞。

ファーストアルバム「debut」が「Classical Albums of the Year 2009(クラシックアルバムセールス・チャート年間1位)」受賞、および辻井伸行が「Classic Artist of the Year 2009(優秀クラシックアーティスト賞)」に選ばれます(ビルボードジャパンミュージックアワード)。

2013年(平成25年)日本ショパン協会賞を受賞。7月、イギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」へ初出演、「歴史的成功」と称されました。

2018年(平成30年)V.ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルとの日英両国での共演、アシュケナージ指揮アイスランド交響楽団との初共演。

今や日本で一番の売れっ子ピアニストといえば彼。13年前の2005年、ショパンコンクールに挑み、17歳の若さで予選を突破しています。

ですが俺様キャラには遠い気がしますし、やはりステージが多くて忙しすぎますかね…。キャラや場面に合わせて弾きわけるために必要なのは、視覚情報よりストーリーですし可能性もありかなーとは思ったのですがね!

更に「ピアノの森」はどのように製作されるのか興味があったのですが、番組によりますと先に収録するのはピアニストの演奏なのだそうです。それに合わせてアニメ映像を作るんです!やっぱり辻井さんの可能性も?なんて思っちゃいますね♪

秘密の演奏者=紀平凱成(かいる)説!

 

異才中の異才”と噂を呼ぶ、注目のピアニスト・紀平凱成(キヒラカイル)くんが、2019年4月7日(日)、浜離宮朝日ホールでソロ・ピアノリサイタルを行いました。

彼にとっては本格的なホールデビューとなる公演です。2001年生まれの紀平は現在高校2年生、眉目秀麗の若手ピアニストですが、その並外れた演奏能力の高さは動画で確かめて欲しいものです。

2歳の頃に自閉症と診断されましたが、数字やアルファベットなど記号やコード(和音)名に執拗なまでに興味を持ち、それらを次々とお絵かき帳に書きとめていきました。

絶対音感を有し、ロックやジャズ、クラシックなど幅広く音楽諸ジャンルに興味を持つようになると、一度聴いただけでその曲をエレクトーンで再現してみせたり、英語の歌詞もまるごと憶えてしまうという才気を見せつけました。

子どもながら次第に作曲や弾き語りを始め、自分の歌声に合わせて曲を咄嗟に転調させるなど、アドリブでのアレンジも思いのままに行いました(まるで幼少時代のモーツァルトを彷彿とさせる!)。

他にも、過去のスケジュールを分単位で記憶している、数十年前の曜日が瞬時に解る、一度通った場所の地図は全て頭に入っている……等々、その異能ぶりを物語るエピソードには事欠かないのです。

いつしか彼のお絵かき帳は、難解な漢字熟語や複雑な計算式、楽譜で溢れ始めていました。

「ピアニストになりたい」と宣言したのが小学1年生の時。13歳の時には、東京大学先端科学技術研究センターと日本財団が進める、突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト、「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラー第一期生に選ばれました。

その一方で、小学5年生から聴覚過敏となり、食器があたる音、小さい子どもの声、電車のアナウンス、自分が弾くピアノのあるフレーズなど特定音を激しく嫌悪するようになりました。

中学生になると視覚的な過敏も訴えるようになります。15歳くらいから、人の顔や名前を見ることにも抵抗を感じ始めました。

それでも、16歳でイギリスの権威ある音楽大学、トリニティ・カレッジ・ロンドンの上級認定に高得点で合格。また、資格取得後にその高い音楽能力と将来性が認められた数人だけに授与される奨励賞を受賞。更に17歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンの学士資格(ディプロマ)を取得する、等々、天才アーティスト街道を弛まず驀進していったのです。

一体なぜ紀平凱成くんだと思うのか?自閉症の彼は、小さな頃から1度聞いただけで曲が演奏できたそうです。『一ノ瀬海』みたいですね。という声が世間から漏れていました。

更に紀平凱成くん自身が作曲した「Winds Send Love」この曲は森の中をイメージしたといっていました。

直訳すると「風は愛を送る」ですかね。ピアノの森の最終回を観るとピッタリ当てはまるわーと思ったのは私だけでしょうか(笑)

因みに海外ドラマ「TOUCH」の少年と同じでビックリしました!

やっぱり気になる!

キャラクターの中でひとりだけ担当ピアニストが公開されていないアニメの主人公・一ノ瀬海。公式サイトを見ても一ノ瀬海の担当ピアニストは非公表となっています。

もちろん一ノ瀬海のCDのクレジットもそのまま一ノ瀬海なのです。

テレビアニメの最終回を前にこれまで一切メディアでは登場していなかった一ノ瀬海担当ピアニストの姿が一部ではありますがYouTubeで公開されているので、こちらから紹介します。

この動画は昨年の5月に、実際のショパン・コンクールが行われるポーランドのワルシャワフィルハーモニーホールでレコーディングが行われた際の映像です。

この動画はタイトルに【期間限定】と書かれているため、いつまで公開されているかは解りませんが気になる方はお早めに♪

さて、先ほどの動画を見ていただいた方ならもうおわかりかと思いますが、一ノ瀬海担当のピアニストの一部が写っていたというその一部は腕と手のみです。

アルバムのジャケット写真と先ほどの動画の一ノ瀬海の腕とを見比べてみて気付いた方も居られるでしょうが腕の筋といいますか…似ていませんか?

因みに上のジャケットのアルバムは「ピアノの森の第7話」で阿字野先生が現役時代の演奏として使われているようですよ♪

反田恭平さんが2人分弾き分けるのではないかな?という予想や噂は、かなり多いようですね!一応…公式サイトの一ノ瀬海は非公表であるということを尊重します(笑)

ようやく期間限定とはいえ動画が公開されていたので比べることが出来ました♪やっぱり、そうかな?という気持ちが大きくなりますね!

ピアノの森ピアノを演奏するピアニスト

 

阿字野壮介(あじの・そうすけ)ピアニスト:反田恭平

View this post on Instagram

 

【Next New Album ‼︎】 「Piano Recital 2018 」 Will be released on 18th July 👍 Piano Sonata No.8 Op.13 “Pathétique” Piano Sonata No.14 Op.27-2 “Moonlight” Piano Sonata No.23 Op.57 “Appassionata” by L.v. Beethoven 遂に、7月18日に新しいアルバム「ピアノ・リサイタル2018」が発売する事になりました! 曲目は今年度の「全国ツアー2018/2019」のプログラム、ベートーヴェン/「悲愴」「月光」「熱情」です!! 購入者特典でたくさんのプレゼントを御用意しましたので是非、宜しく御願いします👍 http://columbia.jp/artist-info/sorita/info/60314.html #beethoven#piano#sonata#pianist #cd#comingsoon#kyoheisorita #ベートーヴェン#ピアノ#ソナタ #ピアニスト#ドイツ#反田恭平

Kyohei Sorita – 反田恭平さん(@kyoheisorita)がシェアした投稿 –

名前:反田恭平
生年月日:1994年9月1日
出身地:北海道札幌市
所属事務所:日本コロムビア

父はサラリーマン、母は主婦の家庭に育ちました。音楽好きな母が弾いたエレクトーンを聴き、瞬時に弾いたほど小さい頃から耳が良かった。

生まれた時は逆子で、心肺停止状態だったといいます(「僕は一度死んでいるんですよ」と本人は語っています)。

小学5年生の時にサッカーの試合中に手首を骨折し、接骨時のトラウマでサッカー選手の夢を諦めました。

2012年、日本音楽コンクール第1位(男性では史上最年少)。併せて聴衆賞を含む4つの特別賞を受賞。2015年、第25回チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール優勝(イタリア)。

タカギクラヴィア社長・高木裕のサポートを受け、ホロヴィッツが愛奏したヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイを演奏しています。ロシアを経て、現在ポーランドに在住。

雨宮修平(あまみや・しゅうへい)ピアニスト:髙木竜馬

View this post on Instagram

 

今日は 高木竜馬さんのコンサートへ。 まずはご本人のご挨拶と曲の解説からコンサートは始まりました✨ 素人な私にはこう言うスタイルのコンサートはとてもありがたい🎶 初めて聴く曲でも途端に聴きやすくなります😊 高木さんのピアノは今日初めてお聴きしましたが パキーンと抜ける高音がとても印象的✨ カッコよかったな〜✨ 特に最後のプロコフィエフのソナタ7番はまさに熱演‼️ 素晴らしかった‼️ 迫力凄すぎて あの規模のホールとピアノで聴くのが もったいないくらいでした。 そして嬉しいことに… アンコールが… ショパン英雄ポロネーズ😍 まさかの英雄ポロネーズ😍 世界で一番好きなピアノ曲✨ 素晴らしかった✨ タタタタッタタタタッのところでは超高速‼️ ( → こんな表現しかできなくてスミマセン💦) だけどその後はたっぷり歌わせて その緩急がなんとも心地よく 初めて聴くような英雄ポロネーズで これまた最高でした✨ 終演後には少しでしたがご挨拶もさせて頂き大感動です😊 本当にありがとうございました🎶 今後のコンサートもとても楽しみです🎶 #ピアノ #piano #スタインウェイ #コンサート #リサイタル #concert #高木竜馬 #ryomatakagi #逸翁美術館 #マグノリアホール 初めて行った #こんなホールあるなんて全然知らなかった #池田 #モーツァルト #k485 #シューマン #交響的練習曲作品13 #ラヴェル #亡き王女のためのパヴァーヌ #プロコフィエフ #ソナタ7番

nayuさん(@na_crm_yu)がシェアした投稿 –

名前:高木竜馬
生年月日:1992年11月13日
出身地:千葉県千葉市

2歳よりピアノ教師の母高木美香から手ほどきを受け、7歳よりエレーナ・アシュケナージ女史に師事、16歳より中村紘子、ミヒャエル・クリスト各氏に師事し、現在に至ります。

これまでに髙木美香、小林仁、セルゲイ・エーデルマン、アレクサンダー・セメツキー、奥田操、タチアナ・ゼリクマン、ダン・タイ・ソン、アレクセイ・ナセドキン、ディーナ・ヨッフェ、アンジェイ・ヤシンスキー、アレッシオ・バックス、エレーナ・クシュネローバ、ノルマ・フィッシャー、アンジェラ・ヒューイット、ウラディミール・トロップ、アリエ・ヴァルディ、スティーブン・ハフ各氏のレッスンを受けます。

和声学と作曲法を川辺真氏に、音楽学とソルフェージュを三ツ石潤司氏に師事。湯浅勇治、小澤征爾各氏から指揮法と管弦楽法のレッスンを受けます。

第1回日本チャイコフスキーコンクール小学生の部、モスクワ第2回ネイガウスフェスティバル12歳以下の部、第15回国際ピアノコンペティション “ローマ 2004”18歳以下の部、キエフ第6回ホロヴィッツピアノコンクール14歳以下の部で各々第1位。第14回及び第16回浜松国際ピアノアカデミーコンクールで第2位。第13回エトリンゲン青少年国際コンクール20歳以下の部第2位。

ムジークフェライン、ウィーン・コンツェルトハウス、ドイツカッセル、モスクワ音楽院大ホール、ローマテアトロヴァッレ、ヤロスラブリハーモニアホール、ウクライナ国立フィルハーモニアホール、国立キエフオペラ座、みなとみらい大ホール、千葉ぱるるホール、新国立劇場中劇場、紀尾井ホール、千葉県文化会館大ホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、大阪フェニックスホール、モスクワクレムリン宮殿等にて演奏。

ロシアヤロスラブリ交響楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー、神奈川フィル、ニューフィル千葉、東京交響楽団、セプトニスちば等と共演。

「題名のない音楽会21」千葉県「若い芽のαコンサート」「〈東京の夏〉音楽祭2007」等に出演。

(財)江副育英会奨学生。千葉市芸術文化新人賞受賞。ウィーン国立音楽大学コンサートピアノ科特別奨学生。(公財)江副記念財団第35回奨学生。

龐 威(パン・ウェイ)ピアニスト:牛牛(ニュウニュウ)

View this post on Instagram

 

Just finished two concerts in Japan (Yokohama – 紅磚倉庫 and Nara – 春日大社)promoting the Japanese Animation “Piano No Mori” that I took part in. This animation is entirely Classical Music based, and is being broadcasted by NHK TV station in Japan (also available in other online platforms in other part of the world). The production team invited pianists from all over the world to record for the characters and as the only Chinese pianist, I recorded over 80 minutes of Chopin’s piano music for the Chinese character Pang Wei (龐威). I’m so happy and honored to take part in this project, get to know some other talented musicians, and enjoy music making together! @kyoheisorita @ryoma_takagi @seiji_vn 🥂🥂 And each of us also received the exclusive drawing of our characters from the author of the Anime herself!😍 Thank you, 一色先生🙏 The first season of “Piano No Mori” was finished this June, and the second season will be on air starting January 2019. Stay tuned! . . . . . . #forest #japananime #pangwei #orchestra #piano #pianist #standupclassicfestival #pianonomori #ピアノの森 #pangwei #龐威 #牛牛 #ニュウニュウ #chopin #kasugataisha

Niu Niu (牛牛)さん(@niuniupiano)がシェアした投稿 –

名前:牛牛(ニュウニュウ)
生年月日:1997年7月11日
出身地:中国・福建省・アモイ

3歳で初心者用の楽譜1冊を全て弾き両親を驚かせます。6歳で地元の廈門市で1000人以上の聴衆の前でデビューリサイタルを開きました。8歳で上海音楽学院の中等部に入学。

同学院81年の歴史で最年少の学生として通学を開始。現在は、ニューヨークのジュリアード音楽院の修士学位と、ロンドンの英国王立音楽院の最高位賞を持つウィリアム・チェン教授の指導を受けています。

その年にフランスにデビュー。9歳の時にアメリカとベルリンにデビュー、同年11月には英国王室の招きで、ロイヤル・アルバート・ホールでリサイタルを開きました。

このリサイタルには3000人以上の人が押しかけ、チャールズ皇太子をして「牛牛ファンになる」と言わしめました。10歳で112年の歴史を誇るEMIクラシックスと2007年、最年少記録で契約。2009年7月にオール・モーツァルト・プログラムによるデビューCDが発売されました。

2009年の来日公演ではサントリー・ホールでの最年少出演記録をエフゲニー・キーシンの15歳から3歳も下回る12歳で更新しました。

レフ・シマノフスキ ピアニスト:シモン・ネーリング

名前:シモン・ネーリング
生年月日:1995年
出身地: ポーランド・クラクフ

1995年ポーランドに生まれます。クラクフのF.ショパン中等音楽学校でオルガ・ラツァルスカに11年間にわたり学び、2013年よりビドゴシュチュの音楽院でステファン・ヴォイタス教授のもとで学び、現在米国イェール大学にてボリス・ベルマン教授に師事しています。

2014年若手ピアニストのためのアルトゥール・ルービンシュタイン・イン・メモリアム国際コンクールで優勝。2015年クリスティアン・ツィマーマン奨学金を授与されました。

第17回フレドリック・ショパン国際ピアノ・コンクールではファイナリストとなり、聴衆賞を始めとする数々の栄誉ある賞を授与されました。

2017年にはアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで第1位に輝き、ベスト・ショパン・パフォーマンス賞を始めとする多くの賞を手にしました。

ポーランドの作曲家による作品を収めた彼のデビューCDは、2016年度フレドリック賞(ソロリサイタル‐年間アルバム部門)をポーランド録音協会から授与されました。

2016年にはショパンのピアノ協奏曲第1番、2番をユレク・ディバウ、そしてクシシュトフ・ペンデレツキ指揮のもと、シンフォニエッタ・クラコヴィアと共に、さらにクシシュトフ・ペンデレツキのピアノ協奏曲《復活》を指揮者自身の指揮で録音しています。

最新録音はピリオド楽器(エラート1858)を用いてのショパン作品の演奏を収めたCDとなっています。

将来を嘱望される次世代のポーランドのピアニストです。

ソフイ・オルメッソン ピアニスト:ジュリエット・ジュルノー

画像引用元:ピアノの森公式サイト

名前:ジュリエット・ジュルノー
生年月日:1996年
出身地:フランス

1996年フランス生まれ。7歳からピアノを始め、ボローニュ・ビランクール音楽院のデイビッド・ソドブレのクラスで研鑽を積んだのち、パリ国立高等音楽・舞踊学校おいてデイプロムを取得。またパリ・ソルボンヌ大学においても音楽学の学位を取得しました。

パブロカザルスフェステイバルではファインアーツカルテット、上海カルテットのほか、クレア・デザートやイタマール・ゴランやエベーヌ四重奏団のマスタークラスに参加。

2016年からフリボリテ パリジェンヌのコレペティートルとして、2017-2018のシーズンではオペラ・ド・ランジス、オペラコミック座やオペラ・ド・リールなどの主要なオペラハウスで様々な作品においてコレペティートルとして参加。

2016年、パリ国立高等音楽・舞踊学校のジャン・フレデリック・ヌブジェの伴奏家クラスを満場一致の一位(首席)で卒業。

これまでに、13歳で、サルプレイエル主催のショパンの生誕200周年記念コンサートにおいてブリジット・エンゲラーからの招きで演奏14歳の時にはボローニュ・ビランクール音楽院のオーケストラ、ピエール・カルムレの指揮で初めてベートーヴェンのピアノコンチェルトを演奏しており、その5年後にはパリのサンクロワ大聖堂でジャン・バプティスト・二コラの指揮で再びベートーヴェンのピアノ協奏曲を、そしてとヴァレリー・ヴォンバンの指揮でモーツァルトのピアノ協奏曲第20番ニ短調を演奏。

1stアルバムでは、サフラン財団とラインゴールド財団から賞を受賞しています。

小学生時代のピアノ演奏者

 

上原心音(うえはら・ことね)

名前:上原心音
生年月日:2005年
出身地:兵庫県

2005年兵庫県生まれ。2才からピアノを始めます。ピティナ・ピアノコンペティションで、A2級、A1級、B級、C級のいずれも全国大会へ出場、銀賞、銅賞、ベスト賞を受賞。

2017年全日本学生音楽コンクールピアノ部門 小学生の部大阪地区大会 本選 奨励賞受賞。ショパン国際ピアノコンクールinASIAでは、1,2年生の部 アジア大会銅賞、3,4年生の部では全国大会金賞、アジア大会銅賞、5,6年生の部では地区大会金賞、全国大会金賞、アジア大会奨励賞を受賞。

大山桃暖(おおやま・もだん)

名前:大山桃暖
生年月日:2005年
出身地:大阪府

2005年大阪府生まれ。4才よりピアノを始めます。2012年ヤマハヤングピアニストコンサート三木楽器大会小学1・2年生部門金賞。

2015年ピティナ・ピアノコンペティションC級全国決勝大会銀賞。2016年受賞者コンサートのゲスト演奏出演。

2016年ピティナ・ピアノコンペティションD級本選優秀賞。2016年・2017年全日本学生音楽コンクール大阪大会 本選入選。

佐原 冠(さはら・かむろ)

名前:佐原 冠
生年月日:2004年
出身地:愛知県

2004年愛知県生まれ。3才よりピアノを始めます。ショパン国際ピアノコンクールinASIA小学生3.4年生部門全国大会金賞、アジア大会銅賞。

2015年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会D級ベスト賞。2016年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会E級銀賞および洗足学園前田賞受賞。

2017年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会F級ベスト賞。ショパン国際ピアノコンクールinASIA中学生部門全国大会金賞。アジア大会金賞、ソリスト賞受賞。

馬場彩乃(ばば・あやの)

名前:馬場彩乃
生年月日:2002年
出身地:東京都

2002年東京都生まれ。4才よりピアノを始めます。2014年第24回クラシックコンクール全国大会最高位、第16回ショパン国際コンクール in ASIA アジア大会銀賞。

2015年第26回ハマのJACKコンチェルトソリストオーディション合格、NHK交響楽団メンバーらと共演。

2016年第3回スタインウェイ・コンクール in Japan全国大会カテゴリーC第2位。

第70回全日本学生音楽コンクール全国大会第3位。2017年第71全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学校の部 東京大会第3位、全国大会第3位。

※「一ノ瀬 海」のメインピアニストは非公表となります。

ピアノの森(アニメ)のココがスゴい!

 

ピアノ演奏の素晴らしさ!アニメだからこその魅力とは!

 

最高に素晴らしい漫画なので、それがアニメになり、更には漫画では表現できない音が聴けるというのは、それだけでもうスゴいことですよね。

例えば最初に茶色の小瓶って曲の話が出るわけですが、漫画だとふ~んって思うだけですよ。ピアノを習っていた人なら違うでしょうが、そうでない場合はその曲がどんな曲なのかパッと解りません。

アニメだと観ながら聴けるわけなので、知ってる!あの曲だ!ってなるわけです。特にこのアニメは、それを弾くピアニストの方々がスゴいんですよ!

世界各国のピアニストたちを、同じ国出身の一流ピアニストが弾いています!さすが!と思わせてくれる実力者が勢揃いなのです!(先ほども紹介した通りです!)

ピアノって、国によっても弾き方が全然違うということを反田恭平さんが特番で話していました。だからそれぞれの国の方が演奏しているということからも、こだわって制作されているのだということが解ります。

そして、カイたち小学生時代のピアノは、オーディションで選ばれたジュニアのピアニストの方々が弾いているのです。(カイのメインピアニストは非公表なんですけどね…。後記します!)

まるで本物?!

 

中谷学監督は、CGクリエイターなのでリアルな再現力はハンパないです!そのため、CG技術をフルに使ってかなりのこだわりで制作されています。

この作品は、実際にあるショパン・コンクールですし、ポーランドのワルシャワにあるフィルハーモニーホールという実在する場所で行われています。

フォトグラメトリというCG技術を駆使して、リアルな質感までも表現しているそうです。

ピアノを演奏している時の背景なども、1,000枚ほどの写真を撮影したり、360°隅々までカメラ撮影してデータを取ったそうです。そのデータをPCで3DCGとして再現!

つまり、写真がそのまま絵になっているということ。絵なんですが、見た目はまるで写真みたい!ということです。

チャントやらないと世界のピアニストを目指している方に申し訳ないと特番で話していた中谷学監督は素晴らしかったです!

モーションキャプチャーで指の動きもリアルに!

 

これは観た人なら誰しもが興奮したことではないでしょうか。

モーションキャプチャーを使った有名なアニメといえば、国民的アニメ「ONE PIECE」ですね。それまではスムーズな動きで見せるのが難しいとされていたダンスシーンをモーションキャプチャーによって本当に踊っているかのように見せると当時話題になってました。

このピアノの森でも、指の動きをひとつひとつモーションキャプチャーでリアルに表現されているのです。

ピアノもまともに弾けない私なんかは、指が動いていて音楽が鳴っていればそれだけで感動しそうですけど、ピアノを実際に弾ける人だと細かいことが気になりますよね。

でも、小さな表現も気にならないほどよく考えて制作されています。

ピアノって、大人と子どもで指の使い方も違ってくるので、そういう細かい違いも表現しているそうですよ。まるで本当に演奏していかのような指の動きで、プロの方でも違和感なく見れそうです!

ピアノの森のCD情報

 

オムニバス/「ピアノの森」Piano Best Collection I

価格:2,829円
(2019/4/18 22:46時点)
感想(0件)

 

【ポイント10倍】(クラシック)/ピアノの森 PIANO BEST COLLECTION 2 [COCQ-85456]【発売日】2019/4/17【CD】

価格:3,780円
(2019/4/18 22:47時点)
感想(0件)

 

【ポイント10倍】(クラシック)/ピアノの森 一ノ瀬海 至高の世界[COCQ-85453]【発売日】2019/3/20【CD】

価格:3,780円
(2019/4/18 22:48時点)
感想(1件)

 

「ピアノの森」 パン・ウェイ 不滅の魂[CD] / 牛牛 (ニュウニュウ) (ピアノ)

価格:2,700円
(2019/4/18 22:49時点)
感想(0件)

 

「ピアノの森」 雨宮修平の軌跡[CD] / 高木竜馬、他

価格:2,700円
(2019/4/18 22:49時点)
感想(0件)

ピアノの森のDVD情報

 

ピアノの森 BOX 1 [ 斉藤壮馬 ]

価格:20,590円
(2019/4/18 22:50時点)
感想(0件)

まとめ

今回は2019年4月15日に2期の放送が終了となりました「ピアノの森」について紹介しました。 一ノ瀬海の演奏者が非公開ということで予想ではありますが候補を挙げましたが…皆様の予想はどうだったのでしょう?

yuu
yuu
1期から改めて観なきゃね♪
king
king
プロもピアニストとなると興奮するね!

という事で今回、紹介した一ノ瀬海の秘密の演奏者みなさんも予想してみてください♪そしていつか発表されることを期待しておきましょう!3期とか…ないですよね(笑)

本日の閲覧ありがとうございました♡